皇冠体彩官方APP

み な さ ん 、 サ ー ビ ス ・ ラ ー ニ ン グ と い う 言葉 の means を ご 存 知 で す か.

"サ ー ビ ス" だ か ら, ボ ラ ン テ ィ ア で し ょ う か?

Extracurricular activities? Employment preparation, social activities?

そ も そ も 、 な ぜ 、 大学 で 行 わ れ て い る の で し ょ う か?

ビ ー ビ ス ・ ラ ー ニ グ は, student's self-intentioned meaning, basic social issues, social activities (promotional activities) without compensation for a certain period of time, "university education, social return, and social understanding" "を よ り 深 め", "そ れ を ー 々 の 活动 活 活动 (ラ ー ニ グ グ) に 活 か す" and い う, "Practical and Circulating Type" Educational プ ロ グ ラ ム で す. ・ ー ビ ス ・ ラ ー ニ ン グ へ の で 入 た 経 験 や 得 た 経 験 や 新 た な 视 は, そ の 后 の 専 修 分野 の 択, the theory of death, and the career choice after graduation.

サ ー ビ ス ・ ラ ー ニ グ 3 つ の ス テ ッ プ

ICU で は, サ ー ビ ス の 経 験 が, 単 な る 体 験 に と ど ま ら ず ん 実 に 生 き た 学 び と な る よ う, Spring semester に は "GE: ビ ー ビ ス ・ ラ ー ニ グ (General Education)", "サ ー ビ ス ・ ラ ー ニ グ の の 実 习 准备 修" をPre-learning), about 30 days in Xia Xiu and post-learning, autumn semester, "Vibration Return" and subject subjects (post-learning) す る と い う, all year round カ リ に わ た る ラ ム で プ ロ グ ラ ム に 取 り 组 ん り い ま す.

ビ ー ビ ス ・ ラ ー ニ ン グ Related subject の 中心 と 中心 の が, main course Xia Xiu み 中 に 行 う "サ ー ビ ス ・ ラ ー ニ グ 実 グ 実 习". こ れ は, the event starts with "ミ ュ イ テ ィ ・ サ ー ビ ス ・ ラ ー ニ グ", "international サ ー サ ス ・ ラ ー ニ グ" グ 分 に い ま す.

コ ミ ュ ニ テ ィ ・ サ ー ビ ス ・ ラ ー ニ グ

コ ミ ュ ニ テ ィ ・ サ ー ビ ス ビ ラ イ ン グ は, public agencies such as domestic NPOs, local government agencies, welfare facilities, etc. を ー ス ス を 行 を ロ グ ラ ム で, 1999 に ス タ ー ト し ま し た. コ ー ス opened the student department を い ま す, which was the deep institution of ICU and relationship. Others, education, well-being, environment, international issues, regional society, students' self-partitioning and caring activities, new activities, development and self-determination will be the first place to decide. そ の プ ロ セ ス セ Spot を 通 し て, close to the local society に つ い て 深 く 学 べ る こ と が 大 き な Charming で す.

LEARN MORE

Ahead of the event (2018-2019 performance)

International Service ・ ラ ー ニ グ

ICU's devotion to learning is an international and lively service and activity, and international and ラ ー ニ グ で す. This school's international を ッ ワ ー ク を 介 を, overseas universities, institutions, institutions, institutions, institutions, organizations, etc., and local NGO's public institutions activities (Funshi / personal events) activities. World を フ ィ ー ル ド に, education, well-being, and open-minded activities. ICU サ ー ビ ス ビ ラ イ ン グ ・ グ ン タ ー で は, Japan Center, University, Institution, and Service Learning Asia Network (SLAN) operation, student exchange, etc. Participate in the activities of students at the university and institutions for approximately 4 weeks in July and August.

LEARN MORE

SLAN パ ー ト ナ ー 机关 一 覧 (2019 annual results)

country / region University name
Inn レ デ ィ ・ ド ー ク University (Women's University)
University of Kyoto
タ イ University of Arizona
イ ン ド ネ シ ア Metropolitan University
フ ィ リ ピ ン Shiliyin University
China Love Foundation

※ The country, organization, activity content, period, and number of dispatches will be changed every year.


レ デ ィ ・ ド ー ク University (イ ン ド)

Participated in the International Service-Learning Program of students and students of Ajax University. Main に が が い 児 facilities, schools, orphan houses で 子 で の ト を 行 な い ま す. カ ー ス ト system や ジ ェ ン ダ ー に に す る す る す る す る す る す る す る, 同 ー ム ビ ジ ッ ト, historical relics 観 光 议 行 う 年 も あ り ま す.

Participants

プ ロ グ ラ ム participates in the cultural and social issues of を 通 や, イ ン ド, and is very diverse. ま た, student ボ ラ の の の 自 屋 で 食 事 を す る opportunity を す る, イ イ ン ド の や の や の 生活 に touch れ る こ と も で き ま し た. で は ー ビ ス 活动 で は, Doshin and Suburban Elementary School で そ れ ぞ れ 4 日 ず つ ア ク テ ィ ビ テ ィ を 计划 し て 実 行 し て 実. Private Japanese culture, health protection, environmental issues, and other issues. 1 school, 2 school activities, education, family environment, education, quality, personal character, personality, violation, を 生, out, test, and test.

ま た 、 Introduction to the culture of the students in the current place, the introduction of the culture, lectures, self-confidence, self-confidence, expressions, and strong patriotism of the people. で ー で, student 学生 ラ の の の を の を を, め 方 and お 言 お 中 で は 「イ ン ド は 女 ド は と っ て 住 み に く い 地 で あ る, あ な た が 住 ん で い る 国 の る freedom and な 行 き た い」 と い っ た 声 も 多 っ た 闻 きAlas. こ の こ と か ら, lecture notes で は see え て こ な い, personal and personal の わ り の 中 で し か 知 る こ と が で き な い も の が あ る こ と を know each other again.

ビ ー ビ ス ・ ラ ー ニ グ の の 経 験 は, Japanese daily life で の で は き で は の の な き で い, 贵重 な も の で し た. During the activity, afterward, towards, and behind, 1 month of knowledge, English power, body, pay, 自己, 自己, を 広 げ, や, を 広 げ, や, を, を, and other peopleく れ た と 感 じ ま す.

ペ ト ラ ・ ク リ ス チ ャ ン 大学 (イ ド ネ シ ア)

Participation in Community Outreach Program of Kyoto University イ ド ネ シ ア ・ オ ラ ン ダ ・ Korea, China, Hong Kong, and Taiwan, students from Japan and Japan, 8 villages, village branch, and regional support activities (installation and repair business) in about 4 weeks. The positive な コ な ニ ケ ー シ ョ ン abilities of English must be.

Participants

In the first 4 days, ICU students were born, and I was born, I was born, I was born, I was born, I was born, I was here, and I was here. ま た 、 村 の 生活 だ け で は 得 ら れ な か っ た で あ ろ う イ ン ド ネ シ ア ’s characteristic problems, see the を 発 と が で き, and the critical life analysis of を 村 よ り の た い か と 思 い ま す.

イ ン ド ネ シ ア の プ ロ グ ラ ム (COP), the biggest feature, は ん と 言 っ て も, and the world's largest collection of students (China, Korea, イ ド ネ シ ア, オ ラ ン ダ, Taiwan, Hong Kong, Japan) and a total of に サ ー ・ ス ・ ラ ー ニ グ を 行 グ を と が で き る 点 だ と思 い ま す. Life in a foreign country の village, Japanese culture test, Japanese culture, utterly shocking daylight, environmental environment を の 仲 中 达 と し, life, life, freshness, こ の プ ロ グ ラ グし て よ か っ た と 感 じ ま し た. コ ミ ニ ュ ケ ー シ ョ ン ツ ー ル が が の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の を い に 伝 え る こ 不 る か 的 に 伝 え る こ 感 が で と も あ り ま し た。 Participants in English, the mother language of the mother tongue and the country of the country, the collection of the country, the examination of thinking, the effort, the attitude of the self, and the stimulation of the subject.

SL pu ro Jewelery Getting Rousseau wa summer break Minorin short-term pu ro Jewelery Getting Rousseau desu ga, Mika occasion ni between の about a ka months now the の people 々 と shut wa ru in で, country understands の impression on those have Bldg su の meaning ya way, from the sub の social で の thou ri square NADO wo test え straight desu precious na chance to と na ri, present when ni浓 い 时间 だ っ た と 思 い ま す.


Shiliyun University

In 1 week, there is a solitary hospital, a DV victim support body, an education system, an elementary school education program, a social visit, an opportunity for social issues. Local students が バ デ ィ と し て 常 に 付 き 添 っ て く れ る の で 心 强 く, deep ties between students.

Participants

施 で の で ー ム ス テ イ で は, 辛 い 経 験 を し た 女 の 子 た ち と の れ れ 合 い を 通 し て, ド ゥ マ ゲ テ や フ ィ リ ピ ン の の の を 知 を と と も に, 彼女 た ち と 强 い つ な が り を も つ こ と が で き ま し た. "Short time, my daughter's た ち に 何 が で き る の か" and い う ask い に 対 し て, 地 の の は は "施 服 の 少女 た ち が, い ず れ ず れ 立 し て society に 出 た た に", "あ の 时, Japan か ら 私 か ら 会 い"に 来 て 、 一 に に Time を 过 ご し て く れ た 人 た ち が い た 』と い う 思 い 出 が, た ち を 女 た ち を 支 え る か も し れ な い よ」 と 言 い ま し た. 私 た ち に と っ て 学 び の 多 い 出 会 い が, at the same time, に 手相 と っ て も 何 か 意 の の 出 出 い に な る か も し れ な い. ビ ー ビ ス ・ ラ ー ニ グ は, そ の よ う な, に つ な が る の が 出 会 い が 生 ま れ る 场 だ と 思 い ま す.

ま た, フ ィ リ ピ の の バ デ ィ ー や Mr. た ち は 优 し い 人 が 多 く, フ レ ン ド リ ー に 接 し て く れ て, and て も 温 か い relationship building け た こ と け た こ. Finally, に の ム ス テ イ の 间 に 内 痛 に な っ た こ と は と て も つ ら か っ た で す が, ホ ス ト マ ザ ー や バ デ ィ ー, か ら の の か ら の か ら, フ ィ リ ピ ン の 方 々 の ホ ス ピ タ リ テ ィ ー を よ り 感 じ る こ と が で き ま し た.

ビ ー ビ ス ・ ラ ー ニ グ で は, で は 中 の で の 生活 の の で き た ち い 人 た ち と, た く さ ん の つ こ 持 つ こ と が で き, は 広 ん の 小 の 人 な の な ん な と 気 づ け ま す in the world of self-partitioning. 日本 に い た 时 に は, 周 り の 目 を 気 に し た り, He か が 引 っ か か っ て で き な か っ た こ と も, Ichita み 出 み, で き で の だ と 気 づ き 気 づ.

体 験 谈 を も っ と ご 覧 に な り た い 方 は こ ち ら

サ ー ビ ス ・ ラ ー ニ ン グ に 关 す る お 问 い 合 わ せ

International Christian University サ ー サ ス ・ ラ ー ニ グ ・ グ ン セ ー

Established in October 2002, and formed a tertiary institution of higher education in Japan in 2003, and actively promoted student exchange through the exchange of students. In 2005, the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology's Subsidy Project (a strategic international co-operation support) was adopted by the Ministry of Education, International, and International Engineering. Proton Jewelery Getting Rousseau の briefing ya manufactured by Orient Te ー Silicone Newspaper nn の Mika Shi, shoe repair ni off su ru sa Polyster ー Suites の Mizuho ka, pa ー Suites cropped one organ と の pay INTERFERENCE ya ferry flight preparation の fu ォ as have ア ッ pu, ferry flight to inspect ya security Dui policy NADO, students ga ease resolved after those have Bldg su Events wo row え ru yo u, Japan 々 support shi te i ma si .

〒181-8585 3-10-2, Otaki, Mitaka City, Tokyo Prefecture
Tel: 0422-33-3687 Mail: slc@icu.vanpads.com

サ ー ビ ス ・ ラ ー ニ グ ・ グ ン セ ー Web サ イ ト

Page top